大学の保健師求人

小中高の保健室の先生になるためには保健師の資格はもちろんですが、養護教諭2種免許も取得しなくてはなりません。一方の大学の保健室で働く場合は、保健師の資格のみで勤務することが出来るため学校保健師の中でも大学の保健師の求人はとても人気があるのです。

勤務形態も仕事内容も小中高の学校保健師と大差は無く、養護教諭2種免許が必要ない分、気軽に受けることが出来るため求人数はかなり少なくなっています。

しかし、大学は4年制大学だけでなく、短大もありますし、学部によってキャンパスがいくつもある大学もあります。そのため、こだわりをもって条件を限定しなければ他の学校保健師よりも探しやすいと感じる部分もあると思います。

ただし、求人の中には医学部からのものもありますので、学生よりも知識が劣っているとなると恥をかいてしまうでしょう。

また、医学部に限らず、保健師について興味があり質問をしてくる生徒や教師もいると思います。その時にきちんと保健師としての意見やアドバイスをすることができるように知識を身につけなければなりません。

保健師を目指す生徒にとっては先輩保健師の話を聞きたくて質問しているので、より保健師に興味を持ってもらえるために、自分を目標にしてもらうためにも日々勉強が大切です。

看護師の資格も取得していることですし、通常ならば経験も十分あるため恥をかくということは無いと思いますが、長年保健師として働いているベテランであっても日々精進していく気持ちが無ければならないということです。

また、大学によっては生徒数がかなり多い場合もあります。その場合、保健師の仕事はとても大変なものになるかもしれません。しかし、小中高と違い、大学の場合は生徒も精神的にも大人であるため「痛くて泣いてしまう」「消毒などを嫌がる」などといったことありませんので仕事に手間取ることは無いでしょう。

ただ、相手が子供でも大人でも保健師の仕事は決して楽な仕事ではないということは理解しておきましょう。

保健師求人-保健師の中途採用について-

医療に関する仕事の中でも離職率が高いとして知られているのが看護師ですよね。保健師の場合はどうなのかというと、これは看護師程離職率が高いわけではありません。途中で職場を離れる看護師は女性が占めている割合が多いのですが、これは結婚や出産、育児が大きく関係しています。

しかし、保健師の場合は公務員として働いている人が多いため、結婚をした後でも働きやすい環境が整っている場合が多いです。そのため、看護師に比べると離職率が低くなっているというわけです。

ただ、これは長く安定して働きたいと思っている保健師から見れば嬉しい話なのですが、中途採用を探している保健師から見るとデメリットでもあります。結婚や出産がきっかけで退職する人がいた場合には中途採用や臨時職員の募集が出ることが多いため、中途採用者が少ない保健師の仕事では求人も出にくいからです。

また、仮に中途採用の求人情報を見つけることができたとしても、未経験者は採用されにくいという特徴があります。もちろん、中途採用の情報が全く出ていないというわけではないので、中途採用を目指している人は頻繁に求人情報をチェックしてみるといいでしょう。

国家公務員として中途採用の保健師の仕事に就きたいと思っているのであれば、「国家公務員中途採用者選考試験を受けることになります。 こちらは30~40歳の人が対象となるので、経験者の人は検討してみるといいですね。

地方公務員の場合はどうなるのかというと、こちらは定期採用の他に中途採用も行っています。 ただ、どの自治体の募集に応募するのかによって募集内容は異なるので、よく確認したうえで応募をする必要があります。

今後は更に高齢化が進み、保健師が活躍できる現場も増えていくと考えられているので、中途採用の数も増えていくかもしれません。これまでは保健師がいなかったような職場でも配置するところが増えているため、様々な求人情報をチェックしてみるといいでしょう。

男性の保健師について

保健師といえば、あまり男女関係ないイメージがあるかもしれませんが、男性と女性のどちらが多いのかというと、これは女性のほうが多いです。その理由として挙げられるのが、保健師の資格を取得するためには先に看護師資格を取らなければならないということが挙げられます。

看護師といえば、男性よりも女性をイメージする人が多いのではないでしょうか。 実際に、圧倒的に女性看護師のほうが数が多いです。 保健師のうち、男性は約1割しかいないと言われているので、かなり数が少ないということがわかります。

しかし、保健師が活躍する職場というのは、男性とも女性とも接することになりますよね。 男性の中には、担当してもらうのならば自分と同じ男性保健師のほうがいいと考える人も珍しくありません。保健師は様々な業務を行うことになりますが、相談受け付けも大切な仕事です。

その時に、同性だからこそ話せるようなこともありますよね。 異性に対してはなんとなく構えてしまい、本音で語れないという人も多いのではないでしょうか。 やはり男性からは男性保健師が求められる傾向にあるため、男性看護師の需要は非常に高いのです。

しかし、女性保健師が多い職場で働くと、やはり女性看護師中心の環境になってしまうことがあります。 たくさんの女性看護師がいる中で男性看護師が一人しかいないという場合、男性看護師からみると過ごしにくい環境になってしまうこともあるようです。

あまりにも職場の環境が合わないと感じているのであれば、転職をするということも考えてみるといいでしょう。保健師が活躍する職場の中には、男性保健師が働きやすいように様々な工夫をしてくれているところもあります。

そういった職場を選択することができれば、楽しみながら働くことができるはずです。 自分だけの力で男性看護師が働きやすい職場を探すのは簡単なことではないので、医療系の求人情報サイトを活用するのがおすすめです。 コンサルタントに相談をしながら働きやすい職場探しをしましょう。

このページの先頭へ