大学で働く保健師になるには?

保健師求人 > 大学の保健師求人

大学の保健師求人

小中高の保健室の先生になるためには保健師の資格はもちろんですが、養護教諭2種免許も取得しなくてはなりません。一方の大学の保健室で働く場合は、保健師の資格のみで勤務することが出来るため学校保健師の中でも大学の保健師の求人はとても人気があるのです。

勤務形態も仕事内容も小中高の学校保健師と大差は無く、養護教諭2種免許が必要ない分、気軽に受けることが出来るため求人数はかなり少なくなっています。

しかし、大学は4年制大学だけでなく、短大もありますし、学部によってキャンパスがいくつもある大学もあります。そのため、こだわりをもって条件を限定しなければ他の学校保健師よりも探しやすいと感じる部分もあると思います。

ただし、求人の中には医学部からのものもありますので、学生よりも知識が劣っているとなると恥をかいてしまうでしょう。

また、医学部に限らず、保健師について興味があり質問をしてくる生徒や教師もいると思います。その時にきちんと保健師としての意見やアドバイスをすることができるように知識を身につけなければなりません。

保健師を目指す生徒にとっては先輩保健師の話を聞きたくて質問しているので、より保健師に興味を持ってもらえるために、自分を目標にしてもらうためにも日々勉強が大切です。

看護師の資格も取得していることですし、通常ならば経験も十分あるため恥をかくということは無いと思いますが、長年保健師として働いているベテランであっても日々精進していく気持ちが無ければならないということです。

また、大学によっては生徒数がかなり多い場合もあります。その場合、保健師の仕事はとても大変なものになるかもしれません。しかし、小中高と違い、大学の場合は生徒も精神的にも大人であるため「痛くて泣いてしまう」「消毒などを嫌がる」などといったことありませんので仕事に手間取ることは無いでしょう。

ただ、相手が子供でも大人でも保健師の仕事は決して楽な仕事ではないということは理解しておきましょう。